HTC Viveが届きました!

注文していたViveがようやく届きました!

経緯

弊社では3DCGと3DCADの部門があり今までは安いダンボール製のものを使用していましたが、

取引させていただいているお客様からVR関連の相談がかなり増えているので購入を決定した次第です!

 

HTC Vive について

HTC Vive公式ページ

こちらがWikiの引用です

HTC Viveは既存のVR HMDとは異なりセンサーにより部屋そのものを3D空間へと取り込む"ルームスケール"を目指して開発されており、ユーザーを仮想世界に自然に触れさせるとともに、周囲を歩き回ったり、手の動きを表現可能なコントローラーによりオブジェクトを操作したりして、没入感を高めた経験を提供する。

(wiki参照)

 

 

 

上記の引用に書いてある通りViveは今までのVRゴーグルとは異なり圧倒的な没入感が味わえることが最大のメリットです

ちなみにゴーグルの重さは484グラムと、かなり軽いです!

初見はかなり重たそうな印象を受けますが、実際に持ってみるととても軽く、"没入感を味わえる" というのもうなづけます

 

 

そしてこちらがセンサーとコントローラーです

 

 

 

 

 

箱の写真

 

 

 

弊社の事業について

現状弊社では

  • 3DCAD
  • 3DCG
  • IT

部門の3つの部門でお客様の事業や起業をサポートしております

CADではSolidworksを始めとした産業用向けソフトから、ジュエリー向けのRhinoceros、CGではMaya等を保有しています

またITでは

  • Unity(3Dゲーム)
  • Unreal Engine(3Dゲーム、レンダリング)
  • Maya script(pythonでMayaのスクリプトを作成します)
  • iOS、Android(簡単なアプリからVR、IoTなどに強みがあります)

などを提供しています

 

他の会社様ではそれぞれの部分を違う会社様に発注することが前提となりますが、弊社ではCAD、CG、ITの強みを掛け合わせることで

他社よりも安く高品質な製品を仕上げることができます

 

VR関連でアプリを作りたい、何か作ってみたい!という方、

お願いするかわからないけど、相談も兼ねてViveを使いに行きたい!という方も是非お気軽にお問い合わせくださいませ!

お問い合わせはこちら

 

名古屋の3DCG企業 fabcube